メニュー

お仕事情報

総合的なカウンセリングを通して、
お客様の心と体の健康を手助けする薬剤師を募集します。

ユニーは、総合小売業として地域のお客様の生活や健康にかかわる「不便・不満・不快」を解決し、より快適で豊かな暮らしを提案し続けることを目指しています。衣・食・住はもちろんのこと、近年、医薬分業が進むなかで、地域の「かかりつけ薬局」として健康に貢献することも、私たちの大きな使命。そこで今回は、地域に密着した店舗展開を進めるユニーのドラッグ部門で、薬剤師として調剤業務、OTC業務に携わっていただく人材を広く募集いたします。
総合スーパーという大きなステージにおいて、医学的立場に立ちつつ、栄養や美容などに関する良質で幅広い情報を提供しながら、お客様の健康を総合的にカウンセリングする重要な役割を担っていただきたいと思っています。

イメージ

細心の注意が求められる
調剤業務

薬剤師の仕事は、患者様の健康、ときに生命にかかわる責任ある仕事のため、調剤には細心の注意が求められます。薬が変わり患者様が少しでも不安をお持ちの場合は、病院へ問い合わせて確認をすることもあります。

イメージ

OTCでは、健康や美容に関する
知識も必要に

お買い物がてら、気軽に立ち寄られるお客様も多いユニー。OTCでは、健康、美容、栄養などに関する質問をされることが多々あります。そのため、薬の効能や知識のほかにも幅広い知識が求められます。

イメージ

情報交換や研修で、専門知識をアップ

最新の情報や、専門知識の修得は仕事には欠かせません。スタッフ間での情報交換は密に行うほか、不明点などがあれば、上司に質問、相談をします。社内研修も行われており、スキルアップできる環境が整っています。

お仕事インタビュー

目の前のお客様に、
薬剤師として全力を尽くせる環境です。

イメージ
川本 誉央(カワモト タカヒロ)アピタ営業本部住関部H&B(ドラッグ)担当ブロック薬事担当 入社3年目

私の主な仕事は、アピタ阿久比店でのOTC医薬品の販売です。商品の棚作り、期限チェックや在庫管理、発注業務など、調剤に限らず業務は多岐にわたります。その中でも、もっとも力を入れているのが接客業務です。薬剤師にとって、接客はある意味ではカウンセリングと同じ。症状を聞き、日々の生活習慣を把握し、目の前のひとりのお客様に最適な医薬品を提案するのです。これは、ドクターの処方箋調剤がメインになる調剤薬局では得られない、大きなやりがいを感じられる仕事だと思います。

デイリースケジュール

07:00起床。

09:00アピタ阿久比店へ向かう

10:00出社。前日の連絡と客注品の確認

10:00開店。接客やレジ業務を行う

14:00休憩(昼食をとり、読書または睡眠)

15:00業務再開。接客を中心に商品整理

17:00商品の発注と事務仕事

19:00退社(アピタ内で買い物をする)

仕事のやりがい

売上数字をつくり出せるのが楽しいですね。自分が試行錯誤した棚作りや、「これは売れるはず!」と入荷した商品が実際に売れたときの気持ちよさは、調剤では味わえない快感だと思います。ちなみに、ポイントは季節。たとえば秋冬だったら風邪が流行し出すので風邪薬やビタミン剤を欠かさないこと。お客様が欲しいと思ったときに、すぐに出せる在庫管理を心掛けています。

ただいま挑戦中

ユニーの薬剤師には、インターネットで勉強する機会があります。仕事が終わった後、自分の好きな時間に自宅で講義を受けることができます。最新薬の特性や、病気の治療法など講義は実に様々。私が最近見ていたのは、流行りだしてきた喘息や鬱病の勉強です。仕事でドクターと話をすることもあるので、常に勉強できる環境は助かりますね。

将来の目標

調剤をもっと本格的に究めていきたいですね。私の勤務する阿久比店には調剤施設がないため、調剤の勉強はどうしても座学中心になります。今後は実際に調剤業務に関わり、実践的な経験を積みながら薬剤師としてさらなる成長を目指したいと思います。

応募するこのページの先頭へもどる

職場環境レポート

各部署間との交流が盛んで、情報共有、情報交換のできるフラットな職場環境

イメージ

キッズコーナー、ファッションゾーンに
分かれ、選びやすくレイアウトされた
「衣コーナー」

イメージ

通路を幅広く確保して、歩きやすく
設計された「食コーナー」。
開放的な空間になっています

イメージ

「住コーナー」では、キッチンウエアや、
寝装寝具、家具など、住まいを豊かに
する商品を提供

地域のお客様を大切にし、それぞれの地域に適応した店舗開発、出店をしているユニー。各拠点とも、居心地のいい空間づくり、お客様に喜ばれるサービスを一番に考えています。その空間そのものが職場となるため、働きやすさは抜群です。また、ドラッグ部門など、担当部署だけではなく、食、ファッション、インテリアなど、各部署の専門スタッフとの情報交換なども活発に行える社風のため、衣・食・住、健康に関する総合的な知識、見解を身につけることができます。

採用の背景

地域の人々の健康を総合的にアドバイスできる薬局を展開するために

高齢化が進むなか、複数の病院を受診するお年寄りが増加。服用しているお薬の管理をし、重複投与や相互作用のチェックを行う必要性がでてきました。そこで重要視されているのが「かかりつけ薬局」の存在です。お客様のすぐそばの地域に密着したドラッグストアが、地域医療を支えていかなければなりません。
ユニーでは、そんな将来を見据えて各店舗にドラッグ部門を設置。地域の方々のニーズに合わせて、今後も新規店や既存店への直営ドラッグストアを積極的に増やしていきたいと思っています。それに伴い、各店舗のドラッグ部門で活躍していただける薬剤師の募集をすることとなりました。

求める人物像

薬学だけでなく幅広い知識や経験からアドバイスのできる方をお待ちしています

イメージ

採用担当者/業務本部
人事教育部マネージャー 渡辺公大

コミュニケーション能力が優れた方が望ましいと思います。
総合スーパーのドラッグコーナーは、院内薬局やドラッグストアと違いお客様の来店目的が多種多様。薬事の知識だけでなく、食事バランスや病気予防のアドバイスなど、健康面のサポートも必要となります。そのため、薬剤師にはお客様の健康状態を理解する「会話力」が大切。雑談を交えてながら、症状やライフスタイルをヒアリングしていきましょう。風邪気味なら薬と栄養バランスが整った食事を提案する。肩こりなら、湿布と合わせて冷えを抑える飲み物をオススメする。幅広い知識が必要となりますが、薬事からライフスタイルまでアドバイスできるやりがいのある職場です。ぜひあなたのコミュニケーション能力を活かし、お客様の健康をサポートしていってください。

歓迎するスキルと経験

新卒、転職者ともに、意欲ある人を歓迎します

意欲があり、前向きに仕事に取り組む姿勢のある方であれば、経験は問いません。もちろん、実務経験をお持ちの方にはその経験を存分に生かしていただきたいと思っていますし、新卒の方には新人研修などのフォローアップ体制も整えていますので、それぞれに活躍していただけることでしょう。

採用プロセス

職場見学を行い、納得していただいたうえで面接を実施します

サイトからエントリー 応募フォームに必要事項を記入して、ご応募ください
職場見学 職場を実際に見学していただき、仕事内容や企業説明を行います
一次面接 職場見学後、希望者は全員、人事担当者による面接を行います
二次面接・筆記試験 一次面接合格者は、役員による面接のほか、筆記試験を行います
内定 仕事に対する適性などを検討し、一週間程度で内定のご連絡をします
応募するこのページの先頭へもどる