メニュー

会社概要

中部地方を中心に全国展開する総合小売企業
多様化する日常生活に、いつも幸せをお届けします

イメージ

本社併設のアピタ稲沢では、ショッピングから
アミューズメントまで一日中楽しめる

人々の暮らしに新しい風を呼び込み、暖かいこころをお届けする“幸福産業”でありたいと願う当社。1950年に設立以来、中部地方を中心に地域密着型の店舗を展開し続け、全国でも有数の総合小売企業へと成長しました。次なるステップとして医薬事業に取り組み始めたのは2004年のこと。日常生活のニーズを満たし、お客様の信頼を裏切らないために、あえて難易度の高い分野に挑んだのです。日用雑貨、化粧品などを扱うヘルス&ビューティ部門にドラッグのカテゴリーを加え、ドラッグストアを直営化。スクラップ&ビルドとエリア戦略により、ゼネラルマーチャンダイズストア(総合スーパー)を持つ強みを生かしながら着実に前進してきました。今後も時代とともに変化するお客様心理を的確に捉え、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、各種専門店チェーンを有するユニーグループの中核として、その存在感をアピールし続けていきます。

本社所在地
〒492-8680 愛知県稲沢市天池五反田町1
TEL
0587-24-8111(代表)
アクセス
名鉄本線「国府宮」駅より名鉄バス乗り換え。バス停「稲沢市役所」下車 徒歩15分

TOPメッセージ

マネージメントに関心のある薬剤師の方、大歓迎
ポストを用意してお待ちしています

高齢化が進むなか、複数の病院を受診するお年寄りが増えてきています。そこで重要視されているのが「かかりつけ薬局」の存在。地域に密着したドラッグストアが、地域医療を支えていかなければなりません。
私達は「総合スーパー内にあるドラッグコーナー」として、地域の方々のニーズに合わせた店舗づくりをしています。一日に訪れるお客様の数は、なんと1000人以上。総合小売店というロケーション柄、お客様に気軽に立ち寄っていただけるところが魅力になっています。そのため、人と接することが好きな薬剤師が多く在籍しています。薬の飲み合わせについて親身にアドバイスしていたり、子どもが飲みやすい薬をお母さんと選んだり…。お客様1人ひとりと真摯に向き合っている方ばかりで私も感心してしまいます。
これから入社される方に期待するのは、会社組織のなかでステップアップをしていける方です。近年、ドラッグ部門を強化すべく薬事部を新たに設置しました。将来的には、薬剤師自らマネージメントを行う専門部署として会社に根付かせたいと考えています。薬剤師という立場から、マネージメントにも関わってみませんか。ぜひ、あなたのご応募をお待ちしております。

イメージ

 

経営理念

小売業としての社会的使命をベースに、総合スーパーならではのサービス提供に努めます

当社が掲げる小売業の社会的使命は、「生活解決業」「生活提案業」「生活コスト引き下げ業」であること。これらをベースに、スーパーマーケットとドラッグストアの機能をともに持ち合わせることが生活上の不便に対する解決になれば提案にもなると考え、直営のドラッグ部門を発足しました。お値打ちな商品の提供はもちろん、買い物にかける時間と労力の低下という観点からも、総合的に生活コストを引き下げられるよう努めています。ドラッグ部門においては、サービスの専門性の高さも重要。たとえば何気ない会話からご来店目的や症状をしっかり汲み取り、その結果どのような薬が適しているのか、またサプリメントとの飲み合わせについてアドバイスするなど、お客様や患者様一人一人に合った健康維持・増進のお手伝いをさせていただいています。さらには食品など関連するコーナーと隣接することで相乗効果を得られるようにし、お客様利益の最大化のために、総合スーパーならではのサービスの提供に積極的に取り組んでいます。

ビジョン

より多くのお客様からご愛顧いただけるよう、サービススタイルを確立します

日常生活の必需品として食品と医薬品は特に重要だ、という認識によりドラッグストアを直営化することに決めたわけですから、まずは何においても、この事業をやりとげることが第一です。利益を安定的に生み出し、会社に貢献する部門へと育て上げたいと考えています。当社はいわゆる量販店。モノをセルフサービスで売る会社です。このセルフサービスを基本とするなかでお客様満足度を上げ、スタッフのレベルを維持・向上させる仕組みをつくり、軌道に乗せられるかが実は大きな課題となっています。サービスや品揃えのレベル、便利性が格段に低いのであれば、私たちの存在意義は薄れてしまいます。専門ドラッグ店との差別化を図りつつも、専門性を磨いていくことは当然急務。そこで研修センターを開設し、独自の教育プログラムを導入しました。薬剤師の増員と拠点数の拡大も計画的に行いながら、より多くのお客様に「医薬品の調達もアピタ・ピアゴで」と選んでいただけるような、サービススタイルを確立することを目指します。

設立の背景

生活ニーズを満たすうえでドラッグストア機能は不可欠。直営展開へと踏み切りました

2004年、100%子会社である(株)ハーツを吸収しドラッグ部門を立ち上げました。当社には以前よりヘルス&ビューティ部門がありましたが、ビジネスポジションを改めて整理した時、医薬品事業もやるべきだと。そして日常生活のニーズを満たすうえでは外部テナントにお任せするだけでなく、直営のカテゴリーとして取り組むべきだと判断したのです。この業界では後発組となりますが、総合スーパーという業態の強みと薬事法改正などの背景からポジティブな要因が勝り、新たなスタートを切るに至りました。コンセプトは、お客様がひとつのショッピングセンターで食品も医薬品もお買い求めいただける便利さの追求。小売業の社会的使命を果たすための切り口として、大きく展開していきます。

市場環境

医薬業界の改革・変化とともに、マーケットは確実に広がっています

ドラッグストア業界は近年発展めざましく、コンビニエンスストアと並び日常生活において欠かせない存在となっています。大衆薬や健康食品、日用雑貨などの品揃えが豊富で気軽に利用できることが支持され、その勢いは百貨店を超えるともいわれるほど。一方では専門性の向上も進み、薬剤師を配置し調剤を行うなど従来の門前薬局の機能を取り入れる店舗も増えてきました。医薬品販売の規制緩和をはじめ2008年よりスタートした登録販売者資格制度により、これからはますます、事業体を問わずドラッグストアを幅広く営むことができるようになります。「スーパーで処方箋なんて」という意外性が解消されるのも、時間の問題です。そのような医薬業界の変化、そしてセルフメディケーションという自己健康管理の社会的風潮が高まっていることは、マーケット拡大を意味しています。すなわち、当社にとってはビジネスチャンスの到来といえるでしょう。

事業内容

衣・食・住・余暇に医薬をプラス。お客様の健康生活を効果的にアシストします

総合スーパータイプの「アピタ」とデイリーストアタイプの「ピアゴ」を全国1府19県に展開。食料品、衣料品、住居関連品を販売する総合小売業チェーンストアとして地域に根ざしています。とりわけ住居関連分野の一角を担うヘルスアンドビューティ部門で扱うのは「日用雑貨」「一般化粧品」「カウンセリング化粧品」「ドラッグ(医薬・調剤・介護)」の4カテゴリー。加えて、ドラッグ部門に一層の力を注ぎ拠点拡大への基盤を築くため、新たに薬事部を設置しました。店舗でのサービス提供から部門のマネージメントにいたるまで、将来的にはすべてを薬剤師が担うことを目標とする専門部署です。
店舗スタイルの方向性としては、次の3つに分かれます。ひとつ目は、薬剤師が常駐する調剤薬局。調剤、一般OTC、訪問介護を含めた総合サービスを提供します。ふたつ目は処方箋を扱わず、一般OTCをメインとするドラッグ店。そして、登録販売者だけで運営することができる新しいスタイルのドラッグ店です。これらはいずれも食品コーナーと隣接させ、総合スーパーのなかで事業を提携することでお客様、患者様へより効果的なサービスを提供・提案するものです。

応募するこのページの先頭へもどる

製品・サービス紹介

健康・美容をトータルでサポートする「ヘルス&ビューティ」部門

「ヘルス&ビューティ」部門では、常にお客様の問題解決という視点に立って、健康・美容にかかわる多様な価値・情報・商品を提供してきました。2004年には、医薬事業を直営化し、OTC、調剤部門、介護用品を扱うドラッグを順次設置するなど、医薬分業が進むニーズにも的確にお応えしてきました。今後も、「ヘルス&ビューティ」部門では、ドラッグ、化粧品、日用雑貨などの部門において、今まで以上にお客様のニーズに対応した、情報提供やサービスを展開していきます。

イメージ

 

ドラッグ

OTCはもちろん調剤部門も兼ね備え、多様なニーズに応えます

ドラッグでは、OTCのほか調剤、介護用品も扱い、幅広いニーズにお応えしています。また、健康食品、衛生用品、ベビー用品なども取りそろえ、総合的に健康をアドバイスできるドラッグを目指しています。今後は調剤薬局、一般OTC対応のドラッグ、登録販売者が運営するストアの3スタイルでの展開を図っていく予定です。

 

 

イメージ

 

日用雑貨

お客様の利便性を考えて配置しています

トイレ用品やキッチン用品、ティッシュなどの日用雑貨は、快適な日常生活には欠かせない大切なもの。ユニー設立以来、変わらず取り組んでいる分野です。これら日用雑貨は、食品売り場の近くやレジまわりなどに設置し、お値打ちな商品ラインナップだけではなく購入しやすいよう利便性を考えたコーナーレイアウトにより、生活コストの引き下げに貢献しています。

 

 

イメージ

 

コスメ

お客様の目的に合わせたコーナーを展開しています

扱うのは、一般化粧品とカウンセリング化粧品。ヘアケア、スキンケア、コスメ、メンズコスメ商品などを豊富に取りそろえているほか、各メーカーの美容部員によるカウンセリングが受けられるコーナーも設置するなど、お客様の様々なニーズに応えられるコーナー展開を行っています。

会社データ

正式社名

ユニー株式会社

代表者

代表取締役社長 佐古 則男

資本金

100億円(2013年2月21日現在)

設 立

2012年2月16日

従業員数

31,933名(アルバイトを除く実人数・2012年8月20日現在)

データで見るわが社

勤続年数

イメージ
0〜3年 3% 3〜5年 7%
5〜10年 11% 10〜20年 29%
20年以上 50%      
 
データを収集した日付 2011年08月

男女比率

イメージ
男性 80% 女性 20%
 
データを収集した日付 2011年08月

役職人数構成

イメージ
管理職 53% 一般職 47%
 
データを収集した日付 2011年08月

社員の声

この会社に入ってよかったこと

・様々な分野の専門スタッフがいて、いろいろ勉強になる
・自己啓発できる勉強会があり、スキルアップできること
・キレイで開放的な職場。気分転換もしやすい

当社にあうのはこんな人

・明るく元気にお客様対応ができて、笑顔のステキな人
・人と接すること、話をすることが好きな人
・創造力が豊かで、向上心のある人

応募するこのページの先頭へもどる