メニュー

会社PR

「価値ある食文化の提案」をベースに、変化&進化し続ける

三光マーケティングフーズは、国内12ブランド・全国226店舗(2014年1月時点)を展開する総合フードビジネス企業です。
創業以来、お客様の潜在ニーズを発掘し、時代に即応する各種ブランドを開発。着実に成長を遂げています。

1975年9月、「三光亭」開業。
三光マーケティングフーズの歴史は、小さな定食屋からスタートいたしました。

バブル直後の90年代。
「プライベート」「プライバシー」という言葉が一般に使われるようになった時代。
1998年には、隠れ家的な雰囲気をもつ個室を居酒屋に取り入れた『東方見聞録』を新宿にオープン。世の中の支持と注目を集め、一気にチェーン展開。新たな食文化を生み出しました。

2003年、ジャスダック市場に上場。
2004年、東証2部に上場。

2008年12月、『金の蔵Jr.』をオープン。
リーマンショック後、100年に1度の不況と言われる時代だからこそ、より多くのお客様に外食を楽しんでいただきたいというコンセプトで低価格居酒屋を開始。1年で80店舗というスピーディーな展開を実現しました。

2011年6月、焼き牛丼『東京チカラめし』をオープン。
まさかの牛丼市場への新規参入。しかし、焼き牛丼というコンセプトに基づく差別化を図り、各種メディアをはじめ、業界内外からの熱い注目を集めて急速に店舗数を拡大しました。

「価値ある食文化の提案」という設立以来変わらぬ理念の実現を常にめざし、当社ならではの開発力を起爆剤として、さらなる事業拡大を推進しています。

募集職種一覧へこのページの先頭へもどる

事業内容

総合フードビジネス企業として、国内12ブランド・全国226店舗を展開

写真


居酒屋(『東方見聞録』・『月の雫』・『金の蔵』)

『東方見聞録』
「個室」居酒屋の先駆けとして1998年にスタート。
プライベート空間の提供、「都会の隠れ家、縁どころ。」をコンセプトとし、料亭よりも気軽に利用できるプライベートダイニング業態を確立させました。
新宿、秋葉原、梅田など主要駅から徒歩3分以内の各激戦区に出店。

『月の雫』
2000年11月スタート。「こだわりの食・空・間」をコンセプトに、女性同士でも気軽に入って楽しめる、情緒ある和の個室空間で寛ぎの「時」を演出するプライベートダイニングです。
新宿、銀座をはじめ東京都内や川崎、横浜、千葉などの関東近郊、および名古屋、大阪の主要駅から徒歩5分以内の立地に展開。

『金の蔵』
リーマンショックの最中、2008年12月にスタート。「財布を気にせず気軽に飲んで食べていただきたい」という開発コンセプトに基づき、1品270円~504円で提供する低価格居酒屋店としてチェーン展開。新宿、池袋、山手線沿線他、神奈川、千葉、埼玉、および、名古屋、大阪の各エリアで75店舗を展開。

自家製麺讃岐うどん店『楽釜製麺所』

2009年10月にスタート。コンセプトは、「お箸の国のファストフード」、美味しい“自家製麺”讃岐うどんを気軽に味わっていただけるセルフスタイルのお店です。
新宿、池袋、信濃町、上野、三軒茶屋、川崎、大宮の各駅周辺の激戦区に展開。

パスタ専門店『パスタmama』/『元祖 壁の穴』

1996年11月にスタート。
パスタmamaは「アルデンテにこだわったゆであげパスタの専門店」をコンセプトに、本格的なイタリア料理を手軽に楽しんでいただくためのお店です。
2014年1月には、壁の穴をリニューアルオープン。
ふんわり窯焼きピッツァと、もっちもちの生パスタが自慢です。

元祖焼き牛丼『東京チカラめし』

2011年6月にスタート。
「日本全国を元気にする牛丼」をコンセプトに、お肉を焼いたスタミナ系の丼物・定食などを提供しています。
主力メニューの「焼き牛丼」は従来の牛丼店との差別化を図り、牛肉を煮込みではなく、焼いて提供。本来のお肉のジューシーさにこだわりました。
都内および神奈川、千葉、埼玉、群馬、大阪の各都市の駅前、地元の商店街や商業施設のフードコートなど、さまざまな立地で98店舗を展開。

当社の強み

「開発力」と「推進力」が当社の成長の鍵

業界に先駆けた個室空間、タッチパネル形式のオーダーシステムなど、常に時代に沿ったお客様のニーズをキャッチし、新しい業態やサービスをいち早く生み出してきた「開発力」と、それをスピーディーにカタチにする「推進力」が当社の成長の鍵であり、大きな強みです。

今後一層の成長を遂げるために、教育制度・労働環境のさらなる改善に取り組んでいます。「開発力」と「推進力」を最大限に発揮し、当社の次世代を築く人材を育成していきます。

経営理念

価値ある食文化の提案

当社の企業理念は「価値ある食文化の提案」。
設立以来、既成概念にとらわれることなく、時代のニーズをキャッチした新たなブランド、サービスを創造し、お客様に提案し続けてきています。
接客・料理・立地・空間づくりなど、何にこだわり、どう実現するか。「飲食にいかに付加価値を盛り込めるか」、ホスピタリティーの追求に注力し続けることが、いくら変化しても変わらない三光マーケティングフーズの理念です。

今後も「もっと価値のあるもの」をお客様に提案し、商品開発のさらなる強化、新業態の開発など、社会の変化を上回るスピードで進化し、筋肉質な体質を土台として、事業拡大を続けます。

ビジョン

経営理念

私たちは、ともに働く仲間の幸福を最大限に追求し、一人ひとりの経済的利益と精神的成長を達成することで、お客様へ最大の満足を提供し、地域社会へ貢献していくことをミッションとします。
「人」が生きていくために必要不可欠な「食」に携わることへの誇りと感謝の気持ちを持ち、世界に必要とされる食ブランドを創ることに挑戦し続けます。

社風

チャンスの大きいフィールド。できない理由ではなく、できる方法を考える!

社内行事 店舗を超えた社員同士の交流が盛ん
クルーとの一体感を大切にするイベントも開催
「基本方針発表会」
年に一度、全社員が集まり、経営方針を共有。同時に理念を再確認する場でもあります。

「合同会議」
月に一度、合同会議を開催。売上状況や新サービスなどさまざまな情報を共有、交換する場です。

「さんくるフェス」
年に1度、クルー(アルバイト)を主体としたフェスティバルを開催。アンケートや売上、出数など多角的な視点で各店のサービスレベルを評価。上位5店舗は社内外から審査員を招いた決勝大会に進み、優勝店には国内外への旅行をプレゼント。
教育制度 教育制度を活用し、自身で成長のためのチャンスを掴んでください。
月一度の合同会議での研修をはじめ、社員が自分の力で成長していくための基礎知識の修得を目的とした各種研修、ビジネススキル研修やフォローアップ研修などさまざまなメニューが用意されています。

<研修内容の一例>
ロジカルシンキング、マーケティング、仕入れ・食材管理、スタッフの教育方法やマネジメント、PL/BSなどの数値管理、原価管理、調理技術、リスクマネジメント、食品衛生、現金管理、P/L演習、経営理論など

人事制度・待遇

休日・休暇 ■月8~9日※シフト制
■有給・慶弔休暇
■バースデイ休暇制度
■三連休制度
福利厚生 ■社会保険完備(厚生・健康・雇用・労災)
■交通費支給(電車月2万円まで/バス月5000円まで)
■社内持株制度
■手当/業務手当(時間外・深夜・休日含む)職務手当(役職者対象)
■退職金制度
■定期健康診断
■育児休暇制度
その他 ■賞与:年2回(1月、7月)

会社データ

正式社名

株式会社 三光マーケティングフーズ

本社所在地

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3丁目9番5号サトミビル

TEL

03-5985-5715(人事部直通)

アクセス

各線「池袋」駅より徒歩5分
会社地図はこちら http://www.sankofoods.com/company/gaiyo.html

代表者

代表取締役社長 平林 隆広

資本金

23億9000万円(2015年6月末実績)

設 立

1977年4月

事業所一覧

■本社/営業本部
東京都豊島区南池袋3丁目9番5号 サトミビル1階

■店舗(日本全国226店舗 ※2014年1月末時点)
新宿、横浜、渋谷、池袋、千葉、銀座、上野、表参道、有楽町、御茶ノ水、錦糸町、府中、高田馬場、川崎、大宮、大阪(梅田)ほか

主な取引先

<お取引先様業界>
■メーカー(総合電気・半導体・自動車・鉄鋼・住宅・食品・アパレル・医薬品・化粧品・製薬・インテリア)
■販売会社(総合商社・専門商社・コンサルタント)
■情報通信サービス(携帯ゲーム・ソフトウェア・音楽・インターネット)
■不動産(ゼネコン・建設・施工・管理)
■サービス(外食・ホテル・ブライダル・旅行・教育・研修・人材)
■金融(銀行・外資系証券会社・生命保険・損害保険・ファンド)
■その他(マスコミ・出版・印刷・介護・福祉・スポーツ)など

従業員数

6378名(2013年6月末実績)

募集職種一覧へこのページの先頭へもどる