メニュー

採用情報ピックアップ

コンサルティングを重視した設備設計で
エンジニアとしての新たな可能性にチャレンジしてほしい

※パネルをクリックすると、詳細にジャンプします。

主な募集職種

建築設備設計技術者 電気・機械設備設計、コンサルティング業務の担当エンジニア、環境エンジニア。建築設備の基本計画から実施設計、積算、監理、コンサルティング業務を行っていただきます。 募集職種一覧
環境シミュレーションコンサルタント 熱源シミュレーション、CFD、エネルギーコンサルティング業務などの担当エンジニア。室内の温熱環境の計画、エネルギーシステムの提案作成などを担当していただきます。
機械設計技術者(高松) 機械設備の設計、コンサルティングの担当エンジニア、環境エンジニア。
香川県の高松事務所で基本計画、基本設計、実施設計、積算、設計監理の業務を行っていただきます。
CADオペレーター・設計業務補助者 機械、電気設備を主体とした設計・コンサルティング業務の補助及びCAD入力業務を行っていただきます。

採用背景

設備設計の新たな時代を共に築いてほしい

これまで当社は、設計、監理の質を最高水準のものとするため、妥協することなくクライアントにとっての真に長期的な利益を追求する姿勢を貫いてきました。今後はさらなるサービスの向上を目指し、コンサルティングに注力していきたいと思っております。また、エネルギーマネジメントや自然エネルギーの活用など、新たなビジネス領域にも積極的に進出してまいります。
今回は、そんなこれからの当社を支える新たな人材を募集します。当社での活躍のみならず、設備設計業界の新たな時代を拓く―そんな意欲あふれる方にぜひチャレンジしていただきたいと思います。

応募する このページの先頭へもどる

仕事内容

コンサルティングを伴う設備設計をお願いします。

「電気・機械設備設計」「外資系プロジェクトの建築設備設計」等、いずれの職種においてもコンサルティングを伴う業務となります。

クライアントは官公庁を始め、デベロッパーなどの民間企業、建築設計事務所などが中心。実績としては事務所ビルはもとより、美術館、博物館、水族館、劇場、スポーツ施設など多岐にわたります。外資系企業へのコンサルティングサービスにおいてはデータセンタ構築なども行っています。

施主はもちろんのこと、建築設計者や構造技術者と協働して建築設備に関する基本コンセプトから実施設計までをまとめます。その後は実施設計図書にもとづき、設計監理業務を行います。

イメージ

技術の話題は尽きません。
より良き設計のための議論には時間を忘れてしまいます。

イメージ

照明デザインには、現場での検証が必須です。
実験、実機でのフォーカシングにより最適な照明が実現します。

イメージ

外資系クライアントとは緊密なコミュニケーションが必須。
急な会議や海外本社との打ち合わせなどには電話会議をします。

対象となる方

経験が浅くても、技術のバックグラウンドがある方を募集します!

採用担当者からのメッセージ

写真

取締役副社長
ムラタ ヒロミチ
村田 博道

応募条件 資格取得者は優遇。
もちろん、入社後でも目指していただけます。
建築設備の設計およびコンサルティングの実務経験者は歓迎します。また、建築設備士や技術士、さらには一級建築士などの有資格者は優遇します。

●入社後の取得を目指す意欲のある方に対しては、当社が全面的にバックアップします!試験前の講習はもちろん、外部講座への通学・参加なども推奨。資格取得後に「資格手当」として給与に還元するシステムも用意しています。
歓迎するスキル・経験 分析・シミュレーション等の知識がある方は
歓迎します。
実務経験がなくても、バックグラウンドとして機械・電気・建築のエンジニアリングに関する知識がある方を求めています。同業社やゼネコン関係などからの転職希望者は歓迎します。また、これからの設備設計は特化した専門性を高めていく必要があります。そのため、今後は分析や評価シミュレーションの分野にも注力していきます。実務経験がなくても分析・シミュレーションの知識がある方は、活躍の場を広げていただけます!

採用プロセス

ミスマッチのないよう
事前に意見交換もできるようになっています。

サイトからエントリー 応募フォームに必要事項記入のうえお申し込みください。
書類選考 応募書類に記入された内容を見て選考します。自分の能力、希望や将来像をたくさん書いてください。
メールでのヒアリング 質問や、意見、条件などメールでヒアリングし面接日程などを決めます。特別に相談したいことがあればここで意見交換をしてください。
1次面接 担当部署の責任者が面接します。自分の意見を明確に伝えることができるか、論理的な説明ができるかなどをポイントに面接します。
2次面接 社長が面接します。
内定 面接を通して得られた情報を元に吟味し、1週間を目途に結果を連絡します。お互いに入社日や条件面の合意をしたうえで採用となります。

FAQ

どのような設計を行っていますか。
具体的な業務について教えてください。

施主はもちろんのこと、建築設計者や構造技術者と協働して建築設備に関する基本コンセプトから実施設計までをまとめます。その後は実施設計図書にもとづき、施工に対する設計監理業務を行います。

どのような客先になりますか。どのような物件が多いのですか。

官公庁を始め、デベロッパーなどの民間企業、建築設計事務所から受注しています。実績として事務所ビルはもとより、美術館、博物館、水族館、劇場、スポーツ施設などと、多岐にわたっております。また、外資系企業へのコンサルティングサービスにおいて、データセンタ構築なども行っております。

ミッションクリティカル、デューデリジェンスとはどのような仕事ですか。

24時間365日停止しないことを要求される基幹業務遂行のためのインフラをもつことをミッションクリティカルシステムといいます。また、選定したビルに入居してビジネスを始める際に、そのビルの設備に関する調査・分析・評価する業務をデューデリジェンスといいます。どちらもクライアントは外資系に多く、きわめて高い信頼性やサポート体制を必要とされます。

会社の雰囲気はどうですか。どのような体制で業務を行うのですか。

電気設備、機械設備、建築、海外グループと分類されたチームのもと、個人が各プロジェクトの担当者となって業務を遂行します。プロジェクトの規模によっては同分野のエンジニアが複数で担当することもありますが、大抵は電気1名+機械1名の構成です。
日中は打ち合わせがあり、外出もありますが、社内に戻れば静かな雰囲気の中で集中して設計に打ち込めます。

この仕事の強み、やりがいや達成感は何ですか。

地図上に残る、都市のランドマークとなるなど、著名な施設の計画に携わるという希少な経験を積めることが強みです。自らが計画したものが実際にでき上がった時の達成感は、エンジニアとして大きなものとなります。

残業はどのくらいありますか?

プロジェクトの進捗状況によって大きく違いますが、同業他社と同じ程度といえます。設計に集中するために残業もしばしば。そのため当社ではフレックス制をとっております。

職場はインターナショナルな雰囲気ですか?英語の能力は必要でしょうか。

現在2人のネイティブスタッフがおります。高い英語力は歓迎されますが、必須ではありません。外資系のクライアントが求める業務遂行のノウハウさえ習得できれば、英語力のギャップは社内のアシストを得ることができます。
バイリンガルのエンジニアは希少な存在であり、業界でも強く求められています。当社では社内英会話レッスンを設け、英語力向上を推奨しております。

資格取得に際して会社の協力はありますか。

設備設計士、技術士、さらには一級建築士など、この業界での強みとなる専門資格の取得は会社全体でバックアップしております。試験前の講習はもちろん、外部講座への通学・参加なども推奨いたします。資格取得後に「資格手当」として給与に還元するシステムにしています。

転勤はありますか。

東京本社に加え、四国の高松に支社がありますが、現地採用を基本としており、原則転勤はございません。

長期休暇はどれくらいですか。有給休暇は取りやすい環境ですか。

夏季・冬季それぞれ10日前後の長期休暇を設けております。創立記念日に加え、秋季にはリフレッシュ休暇と称した連休もあります。プロジェクト進行中は長期休暇を取得することは難しいかもしれませんが、合間に休むことは可能です。

応募するこのページの先頭へもどる