メニュー

会社PR

オートバイに関連するあらゆる事業を展開。
多くのユーザー、ショップ、メーカーから高い評価と厚い信頼を得ています

写真
車輌メーカーからエンドユーザーまで多くの人
の顔が見える、多岐にわたる業務を手がけています

当社の事業の核となっているのはオートバイです。しかし、扱う分野は多岐にわたっており、どのような会社であるかを簡潔に表現することは容易ではありません。オートバイのアフターパーツを自社ブランドとして製造販売するメーカーという顔。海外の優れた製品を輸入販売するトレーディングカンパニーという顔。マーケティングから企画、製造、販売まで手がける、まさにオートバイに関するオールラウンドな会社なのです。
二輪・四輪業界では専門分野に特化した企業が多いなか、当社はいわばオンリーワンの存在。やりたいこと、カタチにしたいことを常に追い求めてきた結果が、今の幅広い業務展開に現れているといえるでしょう。当社の扉を開く新しい仲間にとっても、多くの可能性を秘めた魅力的な会社であると自負しています。

応募するこのページの先頭へもどる

事業内容

企画開発、製造、販売、そしてプロデュースまで、
オートバイに関するすべての業務に携わっています

当社の事業を大きく分けると次のとおりです。まず挙げられるのが、オートバイ・四輪などの部品、用品の企画開発、製造・卸販売。当社では多くのオリジナルブランドを有しています。特に当社のオリジナルバイク「ロードホッパー」は、2003年の登場以来、多くのライダーの注目を集めています。また、代表的な国内メーカーの代理店でもあり、優れた海外の部品・用品のインポーターであることも、当社の特徴です。さらに、新興用品メーカーのプロデュースおよびジョイント展開も主要事業のひとつ。これは、技術力の高い小規模メーカーを、販売ネットワークが確立しているプロトのチャンネルをとおして世に送り出そうという趣旨にもとづくもので、新興用品メーカーならびに小規模メーカーをサポートしています。いずれはオートバイに関するワンストップディストリビュータになることが当社の目標です。

イメージ

量産では珍しいハンドメイド
生産方式を採用

ロードホッパー

当社オリジナル量産モーターサイクル

カスタム車の雰囲気を全体に醸し出した、当社が自信をもって送り出すオリジナルバイク。多彩な装備を搭載し肥大化傾向にある大手メーカー製車両とは一線を画し、リヤサスペンションさえもたない真のビンテージルックを実現しました。もちろん、これを現代の法規制に適合させ、販売しています。クルマの快適さとバイクの刺激を上手に使い分ける「大人のライダー」に支持され、2003年の発売以来、着実に販売台数を伸ばしています。

イメージ

90年代後半に一世を風靡した
NOJIMA LOCK-ONが復活

NEW LOCK-ON

最新作の次世代マフラー

オートバイの聖地・鈴鹿に拠点を置く「野島エンジニアリング」は、元WGPメカ野島英俊率いる技術者集団。蓄積された独自の理論にもとづき、常に新しいアイデアを追求し続けています。当社は1993年より、野島エンジニアリングのエキゾーストシステムをプロデュースしてきました。

イメージ

デザイン性を高め、プロテクション
機能にもこだわりを発揮

REV'IT!

プロトが提案する新たなアパレルブランド

1996年にオランダで誕生したアパレルメーカー「REV'IT!」。そのライダースーツは、スタイリッシュかつスマートなデザイン性の高さはもちろん、耐久性、機能性の高さも極めて優れており、ヨーロッパや北米においてその地位を確立しています。「REV'IT!」を日本に上陸させたのは当社。その驚くべき高性能、高品質を、多くのライダーに体感してほしいと願っています。

イメージ

メーカーとして、安全性の追求に
終わりはありません

SWAGE LINE

当社製ブレーキホース

ステンレスメッシュ・ブレーキホースはレース用として高い評価を得ていましたが、「この性能をストリートにも」という思いから十数年前、車検対応のブレーキホース開発に着手。その心臓部ともいえる結合部分から見直し、品質、製造工程に至るまで徹底的に研究した結果、ついにJIS規格をクリアする、「SWAGE LINE」を業界に先駆けて誕生させました。

市場環境

安定的な市場ながら、現状に満足せずさらなる飛躍を目指します

近年の原油高の影響で車からバイクへの乗り換えが進むのでは、という見方も出てきていますが、それが当社の利益や経営方針に即影響を与え得るとは考えていません。長期的な傾向で見れば、ライフスタイルの多様化によりバイクという趣味が確立、成熟し、ユーザーも固定化されたため、一時的な景気動向に左右されない安定的な市場を築いているといえます。しかし、一定のパイのなかでの商業活動では会社の成長は望めません。そこで当社では、海外マーケットの開拓やオートバイ以外の事業進出に早い段階から着手するなど、常に成長を目指しています。

当社の強み

オートバイにとらわれず広い視野で事業を展開しています

当社の核になっているのはオートバイですが、その枠にとらわれることなく、常に広い視野をもち、事業を展開していることが強みといえます。アメリカ、ヨーロッパ、東南アジアなど、海外のマーケット開拓に積極的であることもそのひとつですし、新たにゴルフカート事業にも進出しています。もちろん、ベースであるアフターパーツの開発も進化を遂げています。当社を目指す人には、広い視野と新しいビジネスを切り開く意欲をもってほしいと考えています。

TOPが語る理念・ビジョン

写真

代表取締役
コンドウ ヨシミツ
近藤 芳光

■プロフィール■
年齢:62歳  /  現役職就任年齢:22歳  /  誕生日:01月 17日  /  血液型:A型  /  趣味:農業

■経歴■
起業したのは20代前半。当時プロのレーサーを目指しており、その資金を稼ぐためだった。後に事業に専念し、現在のプロトに成長させる。

経営理念 自分のやりたいことをカタチにする、がモットー。
オートバイの枠を超えることは厭いません
当社の事業内容は、わずかのスペースでは表現できないほど幅広いのですが、それはひとえに、私を筆頭に社員全員が「やりたいことをやる」「面白いことをやる」という考えにもとづいて仕事をしてきた結果なんです。これからその幅はますます広がっていくでしょうし、もしかしたら「オートバイの会社」ですらなくなるかもしれませんね。我々が成し遂げてきたことは、少なからず世のなかに役立っているとも自負しています。また、人材の育成にも力を注いでいます。もしあなたにやりたいことがあり、その夢を具体的にいろいろな方法で表現できるなら、会社も全面的にバックアップします。
ビジョン マーケットは海外へ。海外営業部を足がかりに
ビジネスチャンスを狙っています
今、当社でもっとも力を入れていることに、海外のマーケット拡大が挙げられます。現在、アメリカに現地法人を置いていますが、輸出業務の拡大を目指し海外営業部門を設置しました。これは今回の採用の背景のひとつです。当社がまず目指しているのは、日本一の「二輪の総合商社」。ゆくゆくは、外国の商社などとコラボし、ビジネスモデルを輸出することも視野に入れています。これは私の企画案ですが、海外のツーリングツアーを企画運営する、なんてことも面白そうですね。このような、海外で展開できる具体的な企画をもった人は大歓迎ですよ。
設立背景 スタートは個人経営。
人の輪が広がり、次第に事業も広がっていきました
最初は個人で中古車販売業からスタートしました。もともと機械いじりが好きで、仕事の合間に趣味でバイクの部品などをつくり販売店にもって行ったりしたところ、評判を呼んで注文が入るようになったんです。事業が広がっていったのはそこからですね。仲間が増えていくと新しい発想も生まれてくるし、さらにアイデアをもった人が会社に集まってくるようになり、事業も多方面に伸びていきました。私自身、事業への意欲が人一倍強かったこともあるんでしょうけど、いい仲間との出会いと、常に新しいもの、面白いことを求める好奇心の強さが、今の当社へと育つ原動力になりましたね。

社風

豊かな発想と新しいものを取り入れる気概に満ちた、チャレンジ精神旺盛な会社です

イメージ

いつも活気のある本社事務所。上下関係に
とらわれずアイデアや意見を言いやすい社風です

イメージ

多くのライダーが求める数々のアフターパーツを開発、製造する「MC開発センター」。いわば当社の心臓部

人事制度・待遇

教育・研修制度 外部研修機関と契約し、体系的に社員教育を行っています。
また、自己啓発にも利用できるような体制をとっています。
評価制度 役職に応じた目標管理制度を導入し、人事評価制度と連動させています。
勤務時間 9:00~18:00(実働8時間)
昇給・昇格 昇給年1回(4月)/賞与年2回(7月・12月)/報奨金制度/表彰制度
休日・休暇 年間休日105日
週休2日制(日曜・隔週土曜)、祝日、夏期休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、
慶弔特別休暇、誕生日休暇
※勤務地により異なります
福利厚生 交通費支給(上限あり)/各種社会保険完備/退職金制度/私服/車・バイク通勤可(駐車場あり)/クラブ活動(フットサル・テニス・ロードレース)
その他 社内販売(従業員割引あり)

会社データ

正式社名

株式会社プロト

本社所在地

〒448-0001 愛知県刈谷市井ケ谷町桜島5

TEL

0566-36-0456

アクセス

知立市街より車で15分、豊田市街より車で20分

代表者

代表取締役 近藤芳光

資本金

9800万円

設 立

1984年2月

従業員数

80名(2016年1月末日現在)

応募するこのページの先頭へもどる