メニュー

採用情報ピックアップ

ビッグタイトル(SDガンダム系・Gジェネ)にあなたのスパイスを!
そしてDS、PSP用自社オリジナルタイトルでチカラ試し!

※パネルをクリックすると、詳細にジャンプします。

主な募集職種

ゲームプログラマー データ構造・アルゴリズムの考案、コーディング、ツール作成など、家庭用ゲーム機向けタイトル制作に関わるプログラミング全般です。
オリジナルソフトの企画制作にも、チャレンジしてください。
募集職種一覧
ゲーム企画・企画補助 コンシューマーゲームソフトの企画、ゲームデザイン、仕様作成、シナリオ、データベース、制作進行など。
未経験および経験の浅い方は「企画補助」で仕事の進め方を身につけます。
グラフィックデザイナー 2Dグラフィック、キャラクターグラフィック、モーション、アニメーション、3Dモデリング、ムービーなど。
誰もが知っている“あのキャラ”の動きや演出を、さらにグレードアップさせてください!
応募する このページの先頭へもどる

仕事内容

次のビックタイトルの開発が待っています。参加者募集。
DSiウェアやWiiウェア用オリジナルゲームの開発希望者も!

<<<即、ビッグタイトル制作に関われます。あなたのキャリアに華と実を!>>>

毎回そうですが、次のビッグタイトル開発が始まる前に、新たなクリエーターおよびエンジニアをプロジェクトチームに迎え、新しい魅力をゲームに加えていくようにしています。ぜひ、ご応募ください。他のメジャーなコンシューマーゲームもつくっているので、ガンダムを愛する人だけでなく、「面白いゲームをつくりたい!」という情熱とこだわりを持った方を広く募集します。

<<<完全分業の「労働」ではなく、あくまで「チームプレイ」です>>>

ビッグタイトルの制作というと完全分業制をイメージするかもしれませんが、トムクリエイトは正反対です。ゲームづくりのテーマは「チーム全員でひとつの作品をつくり上げよう!」。企画、グラフィック、ゲームプログラマーなど各役割だけに縛られることなく、誰もが演出やシナリオづくりに意見を出すチームプレイで、それぞれが「自分がつくったゲーム」感覚を手にしています。

<<<こんなゲームをつくりたい。その想いはダウンロードゲームで実現できます>>>

DSiウェアやWiiウェア用オリジナルゲームの開発もスタート。「自分のアイデアを生かしたオリジナルソフトを世に出したい」という想いを実現するチャンスです。低価格ダウンロードソフトの場合、特にアイデア勝負で、「いいね」と周囲を認めさせれば、すぐに作品化へという流れに乗りやすいので、企画スタッフだけでなく、ゲームプログラマーの人も積極的に企画を出してください。

イメージ

この夏、最新作、「SDガンダムGジェネレーション ウォーズ」を発売したばかり。ちょうど、当社として初めて挑戦したDSiウェアやWiiウェア用オリジナルゲームの開発とも重なったため、自社ビル内の各フロアはまさに学園祭前夜のような熱気に溢れていました。でも、いまは嘘のように静か。各クリエーター、エンジニアたちは、次の「ビッグタイトル」(名前を出せないのが辛いところですが)開発に向けた開発環境の整備をはじめています。

イメージ

今回の募集は、名の知れたキャラクターゲームの開発プロジェクト要員を採用するためだけではありません。今年、実は、自社オリジナルダウンロードソフトの開発・販売をスタートさせたばかり。いまも、オフィスの打ち合わせブースでは企画の検討が盛んに行われています。今後は、売上げ比率を徐々に増やしていく予定なので、「自分のアイデアを生かしたオリジナルソフトを世に出したい」という想いを実現するチャンスです!

イメージ

ビッグタイトルの制作を定期的に依頼されるので、経営が安定しており、これが、クリエーターやエンジニアたちに「勉強する余裕」を与えてくれています。DSi、Wii、PSP…と多様化するゲームプラットフォームに対応したゲームづくりのため、今日も、オフィスのあちこちで各クリエーター・エンジニアたちが、最新技術を学んでいる光景を目にします。

社員が語る仕事内容

写真

開発部
ゲームプログラマー
入社2年目
S・T

入社動機 「作品づくりに早くかつ深くかかわれるよ」
その魅力的な誘い文句は、本当でした!
とにかくゲームづくりがしたい。
ゲームおたくと呼ばれるほどゲーム好きで、友達の中でも一番流行に詳しかったと思います。ゲームをしている時って嫌なこととか全部忘れて、画面の中で主役になれるんです。気持ちいいですね!そんな思いから「あっと驚く」ゲームをつくりたいと中学の頃からずっと思い続けてきました。
今の好みのジャンルは、一人称視点のシューティングゲーム。熱くなりますね(笑)。

トムクリエイトとの出会いは、専門学校の卒業展示会の際にバッティングの飛距離を競う3Dの野球ゲームを出展していた僕に、声をかけていただいたんです。ちょうど、会社がダウンロードオリジナルゲームづくりを始めようとしているところだったこともあるんでしょうね。興味を持っていただきました。
話を聞いていると、Gジェネだけでなく、家庭用ゲームの色んなメジャータイトルをつくっているところと、ダウンロードオリジナルゲームづくりを始めようとしているとのこと。入社後すぐにゲームづくりに参加できるとも言ってくれました。決め手になったのは、ゲームプログラマーでも「こんな演出がしたい」という意見が反映されやすいチーム作業スタイルで、ゲームづくりのフットワークが軽いという点でした。
どうせやるなら「自分のアイデアが生きている、自分のゲーム」という感覚を手に入れたいですからね。
やりがい 入社2年目で自作のゲームが世に!
「あっと驚くゲームづくり」夢に1歩ずつ近づいています
入社直後、ダウンロードオリジナルゲームの開発プロジェクトメンバーに抜擢してもらえたんです。Wiiウェア向けのもので、タイトルは「ひらめきカードバトル メクルカ」。
神経衰弱風のカードバトルゲームです。発売日は2009年7月14日。そうなんですよ、入社2年目で早くも自分がつくったゲームが世に出たんです!
もちろん、メジャーなキャラクターゲームの受託制作も手応えはあるんですが、なんといっても僕の昔からの夢「あっと驚くゲームをつくりたい!」だから、オリジナルゲームづくりは一番やりたかった仕事。僕のそんな気持ちを会社は汲んでくれたようですね。
出来上がったゲームのいろんなところに、自分の意見やアイデアが反映されていて、夢に一歩ずつ近づいています!
特に僕の意見が反映されているのはユーザーインターフェースの部分。キャラクターの動かし方や演出部分にも僕のアイデアが生きています。だから、出来上がったときの「自分たちがつくったゲーム感覚」が凄く大きかった。その分、世の中にどう受け止めてもらえるか、凄く怖くて、未だにレビューを見ることができませんけれど(笑)
身につくスキル・経験 プログラミングだけでなく、企画職、グラフィックなど
「ゲームづくりのすべて」を一つのプロジェクトで体感!
入社前に聞いていたように、ゲームづくりのフットワークが軽く、毎日が刺激の連続です。
振り返れば見える場所に、グラフィッカーや企画スタッフがいるので「こんな演出をさせたい」とか「こんなゲームシステムにしたほうがより面白いんじゃないか」といったことが言えたし、それを実現できた。自主作品ではなく、世の中に出すことを前提としたゲームのつくり方って、こうなのか…と、学校では学べなかったことを体感できたのが一番の収穫です。
ゲームプログラマーは3人いたんですが、チーム作業なのですべてオープン。他のプログラマーのソースも当然見ることができるので、「こういう組み方もあるのか」と勉強になったことも、印象に残っています。
ただ今挑戦中 次々と生まれるゲーム機種に対応したスキルを磨く。
PSPとDSi用のプログラミングを学習中です
会社として、今後どんどんダウンロードオリジナルゲームを開発していくという方針。
私たちにエンジニアにとっても挑戦すべきことが多く「メクルカ」はWiiウェア用のソフトだったので、Wiiウェア対応スキルの勉強からスタートしました。今は、次の開発プロジェクトのために、また新しい機種の勉強をしているところ。具体的にはPSPとDSi用のプログラミングですね。

次々とゲーム機が生まれてきていますが、技術者として、常に新しい機種に触ることができ、その機種に対応したゲームづくりができるのは、自分のスキルを伸ばすためにも絶対に必要なことであり、そのための環境を整えてくれていることは、とても嬉しいことです。新しいことを学ぶ時間。そして、近くには教えてくれる先輩が大勢いることが今の僕にとっては最高の環境です!
デイリースケジュール

 

10:00 出社 前日の日報を確認
11:00 前日上げたROMから修正部分などを確認しプログラミング開始
12:00 昼食。ニュースサイトなどを見ながらのゆっくりとした時間
13:00 マスターが近いため企画との提出書類の確認や準備
15:00 ミーティング。マスター終了前だが次の仕事に関しての確認
16:00 次の仕事への切り替えのためにPC環境をPSP用に整備
17:00 近況報告ミーティング。別のプロジェクトも動いているので各状況確認
18:00 プログラミング。本日作業分のROMを企画側に提出
19:00 本日の日報を書き退社。

対象となる方

中堅、若手、未経験者いずれも大歓迎。条件は唯一「ゲームをつくるぜ!」という意思が強いこと

採用担当者からのメッセージ

写真

チーフプランナー
K・J

活躍できるタイプ 第一に面白さの追求に妥協しない方!
そうでなければ簡単にユーザーに見抜かれてしまう
<<<あなたは人を楽しませるゲームづくりにこだわれる人ですか?>>>
ゲームづくりには様々な困難や、乗り越えなければいけない制作条件があります。「どういう楽しませ方をユーザーにさせてあげたいか」をしっかり持っていない人は、途中で妥協し、道に迷ってしまう厳しさです。「この程度でいいか」と妥協してしまう気持ちが少しでもあると、ユーザーはそのゲームのつまらなさを簡単に見抜いてしまうもの。産みの苦しみから逃げていてはダメです。

<<<経験やスキルより、私たちは強い意志を重視して採用しています>>>
頼りになるのは、一人ひとりが持つ「面白いと言わせるゲームをつくってやるぜ」「つくりたいゲームはこれだ」という強固なこだわりですね。
私たちが応募者の方と面接する際、こうした強い意志や姿勢を見て採用を決めています。応募条件に「未経験者も歓迎」と書いているのも、こうした理由からです。

<<<「こんなゲームを世に出したい」という願望を持参してきてください>>>

ガンダムやそのゲームに昔から親しんでいる方は、より早く他のクリエーターやエンジニアとツーカーの会話を交わせます。
しかし「ガンダム好き」は決して絶対必須の条件ではありません。逆にマニアばかりでつくる弊害が必ず出てくるので、ガンダム初体験の方も大歓迎。ゲームに対する視野は広ければ広いほど新しい魅力をGジェネシリーズにも吹き込んでもらえるはずです。
ダウンロードオリジナルゲームの開発にも力を入れることになったことから、自由な発想とアイデアをお持ちの方「自分が考えたこんなゲームを世に出したい」という願望を持参してご応募ください。
応募条件 ゲームプログラマーはリーダーポストを用意しています
各職種の「求める人」と「応募条件」は以下の通り
<<<プログラマー>>>
ビッグタイトルの制作依頼に加え、ダウンロードオリジナルゲームの企画制作案件も増えており、ゲームプログラマーのチーム強化が課題となっています。特に、チームをつくり率いてくれる方が足りません。チーフプログラマーとして何かのゲームタイトル制作を経験された方、ぜひ、ご応募ください。
若手ならC/C++言語でのプログラミング能力があれば、業界未経験でも歓迎します。ただし、「チームで一つの作品をつくり上げる」をモットーとしているので、コミュニケーションスキルや協調性を持った方となります。

<<<ゲーム企画・企画補助>>>
未経験の方は、「企画補助」からスタートして、ゲーム企画の基本を覚えていただきます。なお、仕事の中身は「企画・ゲームデザイン」以外に「シナリオ」(ゲームシナリオが書ける方)、「スクリプト」(プログラム知識が多少ある方)、「制作進行」(ゲーム製作での進行、マネージメントの経験がある方)があります。
求める人物像は、まさしく上で述べた「活躍できるタイプ」そのもの。ゲームづくりに正面から向き合える人、面白さの追求に妥協しない人です。

<<<グラフィック>>>
「2Dグラフィック」、「キャラクターグラフィック」、「モーション、アニメーション」、「3Dモデリング、ムービー」という4部門があります。Gジェネシリーズを、ほぼ毎年リリースしているので、キャラクターを描きたい方、メカを描くことが好きな方は楽しく仕事ができます。
「2Dグラフィック」と「キャラクターグラフィック」希望者はグラフィックソフトの使用経験が、「モーション、アニメーション」と「3Dモデリング、ムービー」は3Dソフトの使用経験が条件となります。ちなみに当社では、それぞれ「Photoshopとillastrator」「LighitWaveとMaya」を使用しています。

採用プロセス

履歴書とともに、各職種に見合った作品をお送りください。

エントリー 応募フォームに必要事項を記入のうえ、ご応募ください。
書類・作品選考 履歴書とともに、企画職の方は「企画書」、ゲームプログラマーの方は「プログラム作品」、グラフィックの方は「作品ファイル」をお送りください。1次選考の材料とします。
面接(1、2回) 開発プロジェクトのリーダーによる面接を行います。
どんなゲームをつくりたいかについて語ってください。面接の日に、ゲーム制作の基本にかかわる簡単なペーパーテストを実施します。面接は1回の場合がほとんどですが、ケースによっては2回目を実施することもあります。
内定 面接の結果を様々な角度から評価し、内定の方にはできる限り早く通知します。繁忙期かどうかで、応募から内定までの日数は変わります。
だいたい1ヶ月ほどを目安としてください。
応募するこのページの先頭へもどる